お問い合わせフォーム
任意売却協会 任意小冊子について 任意売却アドバイザー協会について アーク任意売却パートナーズ 任意売却・価格査定.com 任意売却119 任意売却支援センター

ホーム > お得情報一覧 > 「忍び寄る遅延損害金」

「忍び寄る遅延損害金」

例として


住宅ローン現在の残高2,000万円


月々のローン返済額 10万円


という方がいるとします。




この人が、初めて1ヶ月ローンを滞納してしまった場合、


遅延損害金は、滞納額10万円に対しての年利14.6%になりますので


1ヶ月でその額1,217円。



しかし、滞納を続けて約3ヶ月ほど経過してしまった場合、


期限の利益を喪失してしまいます。


これは、住宅ローンを毎月の分割で返済できなくなり、


一括で返済するようにもとめられます。




こうなってしまうと大変です!


遅延損害金は、月々のローン滞納額だけでなく、


住宅ローン残高全体に対して年利14.6%がかかってくるのです。


前記の例2,000万円あるとすれば、


1ヶ月にその額243,333円・・・


6ヶ月で約1,460,000円にもなります。




仮に、任意売却によって自宅を売却して、


売却代金を返済に充てたとしても


この遅延損害金が原因で


債務が大きく残ってしまう可能性が高まり、


生活の再建が難しくなってしまいます。



住宅ローン返済に困ったら、


すぐに専門家にご相談されることおすすめします。


よく分からないからと言って、何もしないでいると、


気づかないうちに

債務が余計に100万円以上膨れ上がっているかもしれません。

ページトップへ戻る